IE9でのXHTMLサポートについて

IEBlogの「XHTML in IE9」を読みました。

IE9ではXHTML5をサポートします。IE9のHTMLで使えるすべての要素はXHTMLでも使えるし、他のブラウザと同じように機能すると言っています。

IE9XHTMLを使うには

DOCTYPE宣言は意味がありません。
Web上でXHTMLを使うには、サーバからのMIMEタイプに「application/xhtml+xml」を指定します。
ローカルファイルであれば拡張子を「.xht」または「.xhtml」とすれば、XHTMLファイルとして開くことができます。

IE9は「application/xhtml+xml」で受信した文書を常にIE9のスタンダードモードで実行します。IEの過去のバージョンではXHTMLはサポートされていないからです。フレーム中の文書でXHTMLを使うには、ページそのものがIE9のスタンダードモードで動作している必要があります。

IEの過去のバージョン

XHTMLは古いバージョンのIEでは使えないので、サーバはHTTPリクエストのAcceptヘッダを見て、「application/xhtml+xml」がない場合には Content-type に「text/html」を指定すべきとしています。

面倒くさいですね。
一応XHTMLの利点も挙げられているのですが、古いIEで使えないなら当面はXHTMLは使わずに済ませたいものです。